メニューを閉じる

固定概念にとらわれない、自分たちの住まい

物件の個性を生かす

目黒駅から徒歩すぐ、眺望が良く日当たりのよいマンションの一室。角部屋かつ台形の部屋を1Rにリノベーションしました。
天井はヴィンテージマンションならではのハードなテクスチャーをそのまま活かした仕上げに。
斜めの玄関土間、キッチンの横の台形の棚は、台形であるこの物件ならではの納まりです。斜めに仕切られた玄関土間とハナレの境目が曖昧になることで、空間はより広く感じられ、使い手によって用途が楽しめるスペースになりました。台形の固定棚はおしゃれな飾り棚としてインテリアを引き立て、玄関からベッドスペースへの目隠しの役目にもなっています。
眺めがよく、陽の光が心地よく差し込む大きな窓に合わせた造作カウンターもこだわりのの1つです。

自慢したくなる床

憧れのヘリンボーンの床。浮造り加工を施した表面は立体的なテクスチャーで、ナチュラルさを大事にした木の質感が楽しめる床材を選びました。大きめのヘリンボーンの床材と台形の間取りがマッチし、よりシャープにディテールが最大限活かされた仕上がりに。一目で素材のこだわりを感じる自慢したくなる床です。

好きなアイテムを散りばめて

部屋の中心にあるオープンになったキッチンに、六角形のフォルムがこだわりを感じる上品なヘキサゴンのタイル。
洗面台には大人カラーのネイビータイル。
ヘリテージグリーンがアクセントのリビングの壁には、ブラケット金具も特注した造作カウンター。床一面のヘリンボーンともよく合います。
ライフスタイルを考えながら、自由な発想で自分の「好き」をキーワードに空間がつくれるのもリノベーションの魅力です。

Information

エリア
東京都目黒区
家族構成
ファミリー
築年数
50年
平米数
51m²
間取り
1R
施工金額
842万円
  • セミナーイベントはこちら
  • リノベーション施工事例はこちら