メニューを閉じる

空き家対策に民泊活用 「スマリノ」は、民泊向けリノベーションサービスを開始しました

専用問い合わせ窓口オープン

近年、外国人旅行行者の増加により、首都圏を中心に宿泊施設の稼働率は大きく伸びる一方で、宿泊施設不足が課題と言われています。政府は今年度の補正予算案で民泊の支援策を盛り込む方針を決め、大阪府や東京・大田区では、一定のルールのもとで事業を認めるなど、民泊に向けた動きが活発になってきております。

しかし、これとは対照に、人口の減少や少子高齢化の進展等により空き家が増加しており、社会問題に発展しているのも事実です。総務省発表の、平成25年住宅・土地統計調査によると、空き家数は平成20年に比べ63万戸(8.3%)増加し、空き家率は13.5%と過去最高となりました。

こういった状況を踏まえ、中古物件市場の活性化と、社会のニーズに合わせた民泊需要に適応するため、当社が提供する「スマリノ」では、中古物件(戸建やマンション、アパート、ビルなど)を対象に、民泊向けのリノベーションサービスを開始いたしました。

※条例制定、省令改正または法令改正に伴う認可に準じて開始する予定です。
※国家戦略特区において民泊の措置が制定された地域にて行います。
総住宅数、空き家数及び空き家率の推移(全国)イメージ

総務省統計局 平成25年住宅・土地統計調査より http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/10_1.htm

専用問い合わせ窓口開設

民泊向けリノベーションサービスに関する問い合わせ窓口を開設いたしました。
「スマリノ」の特徴でもある、物件探しからリノベーションの施工企画はもちろん、すでに物件をお持ちのお客様も、民泊向けリノベーションのご相談をいただけます。

「スマリノ」リノベーション実例

※過去にリノベーションした事例であり、民泊のリノベーション実例ではございません。

【中古ビルのリノベーション実例1】

物件住所 福岡県福岡市中央区
築 年 数 33 年
戸  数 9 戸 + 店舗1
間 取 り 1K×2 戸、1R×7 戸、店舗×1戸
金  額 1,800 万円(内訳:外構 約330 万円、内装 約920 万円、設備 約550 万円)
- BEFORE -
  • 実例前外観
  • 実例前内装
- AFTER -
  • 実例後外観
  • 実例後階段
  • 実例後内装1
  • 実例後内装2

【中古ビルのリノベーション実例2】

物件住所 福岡県福岡市南区
築 年 数 20 年
戸  数 7 戸
間 取 り 1K×6 戸、1LDK×1 戸
金  額 2,100 万円(内訳:外構 約160 万円、内装 約1,240 万円、設備 約700 万円)
- BEFORE -
  • 実例前内装1
  • 実例前内装2
  • 実例前内装3
- AFTER -
  • 実例後外観1
  • 実例後階段1
  • 実例後内装1
  • 実例後内装2
  • 実例後内装2
  • セミナーイベントはこちら
  • リノベーション施工事例はこちら